三重県伝統工芸品「日永うちわ」

No.A015・株式会社イナトウ

【四日市市】

 

 江戸時代、お伊勢参りの土産物として広く親しまれてきた日永(ひなが)うちわ。一本の細い竹をそのまま使っているので、柄が丸く、手によくなじみ、持つとひんやりと心地よい感触がします。

 


Message

 釣り竿と 同じ女竹(めだけ)を使っており、それを細かく割き、交互に袋状に編んでいるので、竹が弓のようにしなります。立体的な竹を平らな扇状に張り上げるので、加工が難しく、高い技術が必要となってきますが、そのために、扇ぐ風が柔らかくなびくという、何とも優雅な持ち味を醸し出しているのです。おかげさまで平成六年、三重県伝統工芸品の指定をいただきました。

 

Gift内容

 日永うちわ 1本

もしくは

 うちは製作体験(要予約、弊社にご来店頂ける方限定)

※絵柄は写真と異なる場合がございます。